ristorante.gifこのレストランは5人のオーナーによって造り上げられた最高傑作だ。

スイス北部のSt.Gallen。その静かな郊外にそれは周りの緑に守られらがら存在したいる。
近代的な光を放ちながら。

メニューはドイツ語とイタリア語だから、さっぱり理解できなかった。
前回と同じように、全て勘で決めようと思ったけど、今回はお連れ様が説明してくれたので好みのものをチョイスすることが出来ました。
俺は肉を食べないから、全部魚にした。そしてプロセッコと自家製のグリッシーニを楽しみながら、前回の料理を思い出していた。
だけど邪悪なフラッシュバックの最中にいた俺は殆ど思い出すことが出来なかった。思い出せた事は、この店の料理を気に入ってる事だけだ。

さて今回の料理。アンティパストは蛸のゼリーよせのなんたらかんたらと、自家製チーズとなんたらかんたらのローストみたいなやつだった。
次はなんだっけ、んー。ん?あっ、あれだ、えっと・・・・あー、思い出せない。タイム!
はい。ホタテのサーモンのスモークなんたらのなんたらかんたらのワサビクリームなんとかだ。
そしてメインはアンコウのメダイヨンのなんたらソースだったような。

素晴らしかった。

デザートはシェフがサービスしてくれた。
アーモンドのセミフレッド。これは印象的なアート感覚。
グリーンティーのクレームブリュレ。これは超現実的なアート感覚。
そして何かのミルフィーユと何かベリー系のソース、シナモンジャラート添え。

これはDADAISM的なアート感覚。

全てはコラージュ&ナチュラル。社会性を重視している。

エスプレッソはダークローストを一瞬で圧縮したような味で、素晴らしかった。
すごーくでっかい金色の、上に鷲が乗っかっている、俺が好きなマシーンを使っていた。

全て食べ終わると、マネージャーがシェフに俺が来ている事を教えてくれたみたいで、テーブルまで来てくれた。
俺はシェフと再会の握手を交わし、リスペクトの視線でお礼を言った。

「素晴らしかったです、ありがとうございました。次回はディナーを食べに来ます。」