F033_1.jpg


不倫旅行をフィレンツェで過ごす二人を調査した。

ガイドブックに大きく載っている、広場を眺めるカフェレストラン。
君達は今、フィレンツェの空気に酔いしれている。
ただちに洗礼を受け、この場で踊り始めなさい・・・。
そんな俺の心の忠告を無視するかのように、食事を楽しむ二人。

男は笑顔が爽やかで、女に時々優しい視線を送る。
それでもきっと心の奥底では、Sの血が騒いでるに違いない。

女はブランドで身を固め、大人ぶった表情で冷静に男の視線を受け止める。
それでもきっと、中身はただのガキで、夜になれば子猫のように鳴きわめくであろう。

それでも、ここの空気はそれを優しく丸め込み、二人を片手で祝福しているかのようだ。

俺は思った。
愛するという事は、一杯のカプチーノを淹れる気持ちと同じ。
愛されるという事は、一杯のカプチーノを飲む気持ちと同じ。